Avocadoの投資・トレード日記

資金250万円からの個別株システムトレード、掛け捨てオプション取引の記録です。

All or Nothing ではない建玉操作

----------↓クリックしてブログランキングで応援する↓----------
ブログランキング・にほんブログ村へ
-----------------------------------------

f:id:AvocadoWasabi:20200613100701p:plain

運用資金が100万円から300万円近くに増えたことで、

建玉の枚数・株数に広がりをもたせることができるようになってきました。

 

例えば、100株でしか買えなかったものが、300株まで買えるようになったり、

少し大きめのデルタリスク(日経先物ミニ2枚程度)を持てる様になりました。

 

ふと違和感を感じます。

一気に買うか、買わないか。一気に利食いをするか、しないか。

で投資・トレードをしていており、

建玉操作」という技術を学んでいたほうが良いのではないかと

思うようになったのです。

 

 

機械的に行うだけでもだいぶメリットになるという技術です。

そこで、いままで本やネットで拾い集めた情報をまとめておきたいと思います。

 

エントリー方法に関するもの

買い増し・売り増し

第一のタイミングでポジションを持ち、

意図した方向と逆の方向や、押し目・戻り売りのタイミングでポジションを増やす

というもの。

 

似たものにナンピンがあるが、それとはリスクのとり方が異なります。

 

前者は、ポジションを時間分散させています。

最もシンプルなのは積立投資です。

ポジションは「買い増し・売り増し」を行って、初めて完成です

それ以降で損益がどうなるかが問題です。

最初のポジション後、急変があって損切りした場合は、

一気にポジションを持つより小さい損で済みます。

 

後者は、敗戦処理です

一旦完成したポジションに、さらにポジションを加えるため、

リスクは許容範囲を超えることが多くなります。

厳禁

 

買い増し・売り増しは、不確実なシナリオに対応できます

 

例えば、コロナウィルスの第2波が懸念されているが、

金融緩和で株価が上がりそうな時、

「一部ポジションを持っておき、第2波で買い増す」という戦略が取れます。

 

もちろん、利益はフルポジションを持つよりも小さくなりますが、

懸念材料に留意しつつも利益を出せ、

懸念材料が起きても損ではなく買い増しで対応でき、

将来値上がりしたときは、しっかり利益を確保できます。

 

利確方法に関するもの

半分利確

ポジションが利益になり、これ以上価格が伸びるか不確実なとき、

半分を利確しておくというもの。

 

これにより、価格がもとに戻ったとしても、利益を半分確保できます。

もちろん、さらに価格が上がったときには元のポジションよりも利益は出ませんが、

利益を伸ばすことができます。

天井になってもポジションをホールドしたままで、

反落し、みすみす利益を逃すということは結果的になくなります。

 

フリー・トレード

オプションの裸買いをして、利益が出た方向へ価格が動いた後に行える選択肢。

購入したオプションのさらに外を売ることで、

価格がもとに戻ったときも、利益が残ります。

そのままトレンドになっても、利益が伸びます。

 

N倍価格、1/N利確

安いオプションを多く購入した場合の建玉操作方法。

利益が出て、オプションの価格がN倍(1.2倍,1.5倍,2倍など)になったら、

ポジションの1/N(または半分)を利確します。

これにより、ポジションが噴いた場合にポジションを持っていることができ、

そうでない場合も利益を確保でき、損失になりません。

オプションの場合、利益確定が難しいので、

機械的に行えるというメリットもあります。